京都ドーナツ事情

前から京都にもぼこぼこドーナツ屋ができ、ドーナツだったらなんでもいいってもんじゃないよ!
と思いながらも割とばくばく食べてきたのでここにまとめます。


お探しの店舗のページはありませんでした

女子だいすきはらドーナッツ。
神戸市湊川のお豆腐屋さんから始まった、おから・豆乳を材料にした健康あんしんドーナツです。
「はらドーナッツでバイトしてそう」と称されるわたしから見ても、あの白を基調としたお店はとても良い雰囲気だし、
多少ドーナツにもさもさ感があるにしても「さすがお豆腐やさん発祥のドーナツ!」ということで帳消しなので
なにかといいかんじにできてるドーナツ屋さんではないでしょうか。しょっぱなから何様…


お探しの店舗のページはありませんでした

若干はらドーナッツと系統かぶりますが、はらドーナッツは自分にはちょっと素朴すぎる…
という層にうけているのだと思います。塩キャラメル味がおいしいです。
奈良に本店があり、もともとそこのオーナー夫婦が「子どもに安心して食べさせられるおやつを作りたい」
との想いで始めた店だそうです。あったまるはなしですね。
はらドーナッツと違ってフランチャイズでやっているそうなので思ってた以上に全国各地に店舗がありました。
夫婦がんばってんな〜


お探しの店舗のページはありませんでした

とうとう京都にもやってきました。
甘すぎるという声もちらほらありますが、
初め一口目を食べたときの「おお」という感動があったのはやはりここでした。
自分的にはあのなんともいえない軽い食感が今までのドーナツとは違っていて好きです。
まあでもたしかに1個半ぐらいですぐに満足します。


お探しの店舗のページはありませんでした

ヨドバシカメラ京都に入っているお店。関西初出店だそうで、
自分を含めミーハーぽい人たちがずらずらと並んでいました(クリスピーほどではないけど)。
ここも自然派ドーナッツを謳っていますがあまりネイチャー感は感じられません。
味はいわゆる「ケーキドーナツ」というやつでまあそれなりに美味しいのですが、
値段が300円(高いので400円台)くらいして、正直そこまで出すほどの味かというと微妙な感じです。
もう一回食べたいとはならなかったですね…


しかしここで意外なのが、店舗が東京・神奈川・埼玉・金沢・京都、ときて富山にも出店しているということ。
いや別に富山をばかにしているわけではありませんけれども
それより大阪とか名古屋とか、先に出すべき地域が他にもあるでしょうに、
まさかの富山チョイスで都会なブランドイメージが裏切られ、この点ではわたしは逆に好感がもてました。


ドーナツプラントがケーキドーナツならこちらはパンドーナツとでもいいましょうか。
個人的にはここが一番好きです。
本当にパンのような、ふかふかした生地なので喉につまらない…ウッってならない。
町屋なお店も素敵ですし、繁華街からは少し外れた場所にあるのであまりメジャー感がないところも気に入っています。


以上5店舗紹介してみました。他にも大丸にある焼きドーナツのミエルとか、
嵯峨のほうにあるHANDMADE DONUT Chou Chouなどもあるので、機会があれば伺ってみようと思います。
結局、一番人気でうまくいってるのはどこなんでしょうね。
今後の動向も注目したいところですが、もう正直自分の中でのドーナツブームは過ぎ去り
次はパンケーキブームが訪れようとしているのでそれについて書くことはもうないでしょう。
以上、久しぶりの更新でした。

追記

今回京都ならではという店を紹介したわけではなく、
最近京都にやってきたドーナツ屋を拾ってみたというだけなので、そのへん誤解なきようお願いもうしあげます。
自分の中ではおどろきびっくりなブクマ数であり、なんだか申し訳なくなってきました…およよ